闇金の取り立て被害で眠れない|解決のヒント

MENU

闇金で眠れない

闇金問題で眠れないという方は、一刻も早く闇金問題に手を打つ必要があります。

 

深夜でも対応して貰える事務所もありますし、まずはお電話をされてみてはいかがでしょうか。

 

深夜でも無料の電話相談に対応している事務所もございますので検討してみると良いでしょう。

 

「闇金に強い弁護士の無料相談ガイド」というサイトなんかは参考になりますよ。

 

闇金の嫌がることとは

 

闇金が嫌がることとは、やはり法律の知識を持つ者に駆け込まれることです。

 

また、警察に相談するのも有効な手立てではあります。

 

警察は動かないと言われていますが、中には動いてくれる地域もあります。

 

警察に動いてもらえない原因って何?

 

被害者自身が被害状況を伝え切れていないのが大きな原因のひとつです。

 

いつ、どこで、どんな被害にあったのか?ということを5W1Hでしっかりと伝えましょう。

 

警察自体がそれどころではない

 

警察も暇ではないので対応したくても追いつかないということもあります。

 

そのおまわりさんの性格や人となりによるところもあると思いますので、まずは自分の熱意を伝えてみましょう。

 

 

動いてくれなかったら「そんなもんさ」の精神で

 

手を尽くしたのに動いて貰えなかったら早々に弁護士や司法書士への依頼をした方が賢い行動だと言えます。

 

「事件は警察」「お金は法律事務所」という考え方がありますが、とりあえずはその判断で動いたほうが良いでしょう。

 

「警察を動かす」ということに拘っている間にあなたの家族が危険に晒されるのも嫌でしょう。

 

たかが「闇金ごとき」のせいでお仕事をクビになるなんてバカらしいでしょう。

 

大事なのは「闇金ごとき」の精神

 

「人生終わりだ」なんてことはありません。

 

「たかが闇金ごとき」という気持ちは持ちましょう。そんなものの為に「人生終わりだー」なんて思わないで下さいね。

 

闇金は個人で営業しているところも多く、一般人にまぎれて闇金をして居る者も少なくありません。

 

彼らもバレたり、明るみになると困るわけです。

 

闇金は貸金業を犯していて、もし逮捕されることになれば、懲役5年と罰金1000万円という実刑を食らいます。

 

だから、弁護士や司法書士がワンコール入れただけで被害者から離れていくのです。

 

もう借りないという気持ちも当然大事

 

大きなお世話だよ! と思われるかも知れませんが、闇金問題を解決した後にまた借りれるかどうかなんて心配をされていませんか?

 

それだと、また同じことを繰り返すことになります。

 

法律事務所の方々もそれだと裏切られた気持ちになってしいます。

 

法律事務所の中で解決した後のことまで相談に乗ってくれるところもあるので、しっかり相談をしておくと良いでしょう。

 

もし、解決後まで安心して相談できそうな法律事務所が見つかったら依頼してみましょう。

 

「お金が無いー」という場合でも後払い・分割支払いに応じてくれるところも探せばあります。

 

眠れないのなら、24時間対応の法律事務所がオススメです。

 

眠れないほど悩むのなら、24時間相談に乗ってくれる法律事務所を探してみてはどうでしょうか?

 

万が一、寝ているときに闇金から起こされても駆け込める窓口があれば安心するはずです。

 

そんな「お守り」を持っていることでグッスリ眠れて、お金を稼ぐことが出来るのならきっと元の生活を取り戻すのも難しくはないはずです。

 

闇金に強い弁護士の無料相談ガイド

 

キャンセル料請求の闇金業者も法律事務所で何とかなります

 

「ネットで申し込もうとしたけど、やっぱりやーめた」 「じゃあキャンセル料払え!」というやり取りは良くあるそうです。

 

2017年も相変わらず多い。

 

法律事務所の中でもこの様な対応を受け付けることは良くあります。

 

しかし、法律事務所が介入することで、闇金を撃退することも可能です。

 

今現在、ウシジマくんみたいなレトロなヤミ金は絶滅危惧種と言われています。

 

何が言いたいかと言うと、実際に闇金業者が被害者と顔を合わせること、被害者に危害を加えに直接やってくる事は殆ど無いということ。

 

 

でも、待ち合わせして貸し出すタイプのヤミ金はまだ残っているので、絶対にヤミ金から殴られたりと言った暴力を受けることが無いとも言い切れないので専門家に相談しておくことで、

 

早くヤミ金にとっての「面倒クサイ客」になることを目指しましょう。

 

「都合の良い客」になってしまうと、ろくなことがありませんから。

 

 

闇金の脅し

 

「お前の家を燃やすぞ、子どもの学校に取り立てに行く」という脅し文句や、中には殺人をほのめかす様な脅迫をすることもあります。

 

この様な脅しは、実際に行ってしまうと警察も闇金業者を放置できなくなります。

 

警察にとって、ヤミ金の取り締まりの優先順位が低いからこそ、闇金業者は「シノギ」を続けられるわけです。

 

 

脅迫内容を実行に移してしまうと、警察のヤミ金取締りの優先順位が上がってしまいますので、残っている債権の回収も出来なくなります。

 

090金融、2017年のヤミ金対策の第一歩としては、ヤミ金に対して強い気持ちを持つことです。

 

と言っても、Youtuberみたいにケンカを売ってしまうと、どんな嫌がらせをされるか分かりません。

 

ヤミ金がYoutuberに対して、「借りないんですよね?じゃあ切りますよ」という反応をするのは、「メリットの無いタダのイタズラ」だからです。

 

有能な闇金業者ほど、感情を表に出さずに、損得のみでイタズラ電話をスルーします。

 

 

闇金業者に取って大事なのは、「脅したらお金を払う、真面目な客」だけなのです。

 

なので、ヤミ金にとって「面倒クサイ客」になる為に、警察や法律家との関わりを持つことはかなり有効な手なのです。

 

と言っても、全員が全員、このように賢いヤミ金というわけではありません。

 

素人のヤミ金だと、感情が前面に出て何をするのか分からない場合もあります。

 

過度な挑発は危険なので、控える様にして下さい。